PROFILE代表プロフィール

bg bg

代表取締役後藤 涼也RYOYA GOTO

1993年大阪生まれ 既婚/子供三人(息子、娘2)
12歳〜18歳まで本気でプロゴルファーになるため毎日ゴルフ漬け。 18歳の時にプロテストを受けるも3次予選で敗退。挫折を経験。
その後社会人として営業職に従事。
20歳を前に1社目の会社を設立し代表取締役に就任。
ゴルフイベント事業を軸に展開したが、上手くいかず1年目で閉じることに。吉野家でのアルバイトやゴルフ場でのキャディのアルバイトなどで食いつなぐ。
21歳で制作会社にて制作業務、ディレクション、営業、を経験し、 22歳で2社目の株式会社リエイトを設立。代表取締役に就任。
デジタルマーケティング事業を軸に展開しており、5期連続⿊字化に。現在は事業拡大に伴う人員増加を図り奮闘している。

1993年 大阪に生まれる(ほぼ奈良で育ってますが。。)
2005年 ゴルフを本格的に始める
2010年 オーストラリアへ1年ほど留学
2011年 ゴルフプロテスト受験
2012年 営業会社(アパレル卸)に就職
2013年 WEB制作会社に就職
2013年 一社目となるゴルフイベント会社を設立
2014年 一社目を閉じる
2016年 二社目となる株式会社リエイトを設立
代表取締役に就任
家族構成 妻、⻑男、⻑⼥、次⼥
趣味 ゴルフ、映画鑑賞、一人旅
休日の過ごし方 子供と遊ぶ
好きな食べ物 つけ麺、フレンチトースト
好きな映画 ハンバーガー帝国のヒミツ
好きなスポーツ ゴルフ、サッカー
将来の夢(プライベート) 世界中のゴルフ場をプレーする
将来の夢(仕事) 経済圏を創りたい
座右の銘 人生一度きり
bg bg

代表プロフィール

私の今までの人生を振り返り、
その記録を綴りました。
きっと私がどういう人物なのか
なんとなくわかって頂けると思います。

本気でプロゴルファーを目指した7年間

私は幼少期からスポーツが大好きだったということもあり、小学生の時はサッカーに夢中で、4年生から6年生までキャプテンを務めたり、地域の代表にも選出されたりと、そこそこ上手かったと自負しています。
ただ6年生になって、他の子の体格も大きくなっていく中で、私はかなり小さいままだったんです。背の順で言うと前から2番目でした。
そんな中、中学に入学する際に多数のクラブチームよりお声掛けを頂いたのですが、ふと、これからの人生のことを考えると、サッカー選手にはなれても活躍して、それで飯を食っていくということが果たしてできるのだろうか、それが自分のやりたいことなのかどうかと考えていた時に、父親にゴルフの練習場に連れて行ってもらいました。
そこで初めてゴルフクラブを握り、何回か素振りをして、実際に打っていくのですが、それが最初から上手く当たったんです。私自身当たるのは当然だと思っていたのですが、周囲の人からは「すごい」と言ってもらったり、「才能がある」など、ちやほやされていたのですが、私はゴルフであれば体格に関係なく勝負できるのではと思い、ゴルフを本格的に始めました。
やるからには本気でプロゴルファーを目指して取り組むと決めていたので、学校が終わると、すぐ着替えて練習の用意をして、バスを利用して練習場へ行っていました。

毎日500球以上打って、パター練習して、バンカー練習して、トレーニングしていると、上達も早く、ゴルフを始めて1年ちょっとでシングルになり、3年目で全国大会に出場し7位に入賞しました。それからは様々な大会で優勝や上位入賞など実績を残していきました。
そして16歳の時に両親に相談してオーストラリアへ計1年ほど留学する機会を頂き、オーストラリアでベビーシッターや語学、文化交流など様々な経験をさせて頂きました。またゴルフにおいては、オーストラリアのプロの大会を含め、いくつか出場したり、ゴルフにおいても貴重な経験をさせて頂きました。

その経験を経て、帰国後、国内の試合に出場して結果を出して、プロテスト受験日を迎えました。プロテストは「プレ予選」から始まり「一次、二次、三次、最終予選」と5回に渡り、絞り込まれていき、最終的には50名ほどのプロゴルファーが毎年誕生していました。
毎年2,000名ほど受験する中での50名なので倍率は非常に高く、厳しい壁ではありましたが、私自身もっと先の高い目標を掲げていたので、プロテスト合格自体は通過点でしかなく、合格して当然だと思っていました。もちろん厳しさは知っていたので、簡単には合格できないとは分かっていたものの、合格するのは当然と思っていました。
ただ現実はそう甘くはなく敢えなく三次予選で落ちてしまいました。
合格するのが当然だと思っていたので、落ちた瞬間、私の中で何かがおかしくなりました。
今までたくさん練習してきて、トレーニングもたくさんしてきて、絶対に合格するというメンタルにおいても磨き上げてきたにも関わらず、三次予選で落ちてしまった現実と向き合った時に、「もう自分には無理だな」と思うようになりました。
それぐらいたくさん練習してきて、毎日ゴルフのことを考えて、その上で落ちたということは、この先プロテストに合格したとしても活躍できないと思い、2ヶ月ほど悩みましたが、プロゴルファーの夢を諦める事にしました。
その2ヶ月の期間で、この7年間を思い返していたのですが、なぜそこまでストイックにゴルフに向き合っていたのか、に対する答えが見えてきたのです。それは「活躍してビッグになりたい」「世の中にインパクトを与えたい」という欲求こそがそこまでの気持ちにさせていたのです。

そして、その欲求を満たす方法はゴルフ以外にないのかと探していた時に、その当時出会った社長が私の生き方を決定づけました。
その社長は従業員100人以上の年商10億円以上の会社のトップでした。 そんな方がゴルフをしていて、すごく楽しそうだなと思ったのと同時に、社長ってかっこいいなと思ったんです。
幸いなことにゴルフをしていたこともあり、社長という存在がかけ離れた存在ではなく、身近でリアリティーがあったので、当時から社長に対して色んな質問をしていました。
売上っていくらぐらいですか?とか従業員は何人ですか?とか悩みは何ですか?とか、その過程を経て、社長ってすごい社会に対して影響力が大きい存在だなと思い、将来社長になりたいと思うようになりました。

18歳で営業マンデビュー

社長になりたいと思うようになってからは、どんな社長が理想なのか、ということを常に考えながら、まずは理想の社長になるために社会を知る必要があると思い、営業をすることにしました。
当時18歳で、ゴルフしかしてこなかった自分が、スーツの着かた、ネクタイの締め方、ビジネスマナー、全てにおいて分からないまま社会人となったのですが、本当にたくさんの人にビジネスの基本を教えてもらいました。時には名刺の渡し方で怒られたり、今では考えられないような失敗を幾度となくしていました。そんな経験があったからこそ今があると思っています。

当時はアパレルの卸営業という仕事で、街中に出向き、スーツケースをもって、服やスマホケースなどレディースアパレルグッズを飛び込みで販売していました。かなり泥臭い仕事ではありましたが、若いということもあり、ガンガン受注し、お客様もたくさん増えていきました。
営業という仕事を通じて本当にビジネスの基礎を学びました。
あいさつ、コミュニケーション、テレアポ、飛び込み、スクリプト作成、リスト作成、提案書作成、見積書作成、請求書作成、契約書作成、スケジュール管理、タスク管理、プロジェクト管理、サービス開発、など多岐にわたる業務を18歳で経験できたことは今でも役に立っています。

結局1年ほどで退職することになったのですが、なぜ1年で退職したのか、それはインターネットに興味を持ち始めたからです。
営業時代のとあるお客さんから「後藤くん、ホームページって作れるの?」と聞かれ、私は即答で「はい!作れます!」と回答したことがありました。
ただその当時の私はホームページのことすら何か分かっていませんでしたが、営業の性なのか、即答で「できます」と答えてしまったのです。
さて、できますと言ったものの、ホームページって何?というところから入ったので、調べながら、ホームページというものを理解していきました。
それからは見積書作成、契約書作成、など調べながら行い、ようやく契約になり、ホームページを作っていこうとした段階で、社長に「こういう案件があり、契約しましたので、外注を探してホームページを完成させても良いですか」と事後報告をすると、激怒されまして、業務時間外に自分でやれと言われたので、仕事が終わると、ホームページのことを調べながら一生懸命作っていました。
そしてなんとか完成し、納品したところ、お客さんにめちゃくちゃ喜んで頂いたのです。
正直驚きでした。
そこで感じたのが、「このビジネスは面白い」ということです。
ようするに、今までは有形商材を販売しており、在庫を抱えたりなど様々な外的要因があるなかで売上を上げていかないといけなかったのですが、ホームページは作って、納品して完了なので、在庫は抱えずに、外的要因も無く、一人で納品することができるので、リスクがほとんどなくビジネスができるということです。

それは営業マンにとって、在庫リスクが無いというのは非常に営業しやすいですし、会社的にも当然リスクが少なく合理性があると思ったので、社長にホームページを作る事業部を作りたいと打診したのですが、あっさり断られ、「それじゃあやめます」といった感じでやめて制作会社で働くようになったという経緯です。

若気の至りによる失敗

そして制作会社で働くようになり、ちょうど19歳か20歳ぐらいのときに、またふと自分の人生を考えていました。20歳というのは人生において大きな転換点だと感じており、何かしないといけない、何かしたい、といった欲求がピークに達していたので、社長になりたいと考えていたこともあり、今すぐ起業しようと、何も準備をせず起業しました。しかも当時在籍していた会社で働きながらです。
事業内容としては唯一知識が膨大にあったゴルフで勝負しようと思い、ゴルフのイベントやコンペ代行などで展開していったのですが、当然何も分からないまま勢いだけで起業したので、全てに対して空回りしました。当時を今振り返っても恐ろしいです。。暗黒時代ですね。。
要は会社経営や経理なども分からないままビジネスをしていたので、今月いくらお金が入り、いくら出ていくのかすら計算していませんでした。。。完全に勢いだけです。
なので、仕事は多少発生し、お金は頂けていたのですが、その金額自体採算が取れていなかったり、見えないお金なども発生したりと、忙しい割に、全くお金が残らなくて、ほんとに苦しかったです。
アルバイトもいたので、その子たちにも給与を払わないといけない。また当時付き合っていた彼女(現奥さん)と同棲していたので、お金を稼がないといけないということもあり、日中はゴルフの仕事や制作会社の仕事をやったり、夜は吉野家でアルバイトしたり、ほんとに寝る間を惜しんで働いていました。

そんなこんなで、ゴルフ事業は上手くいかず1年ほどで畳むことにしました。表向きにはインターネットのことをもっと集中して勉強したいからという理由で畳みましたと話しているのですが、実際は事業を継続させるだけの力が無かったからという理由で畳んだのです。(ちなみに当時奥さんのお腹には赤ちゃんがいました。)
それからは制作会社で、ディレクターになり、営業になり、とWEB業界で幅広い知識、技術を学びました。

新たな決意で人生2回目の起業

そうして会社を畳んでから1年半ぐらいで一通り、一人でも稼げる知識、技術が身についたので、また前回の失敗要因なども理解できていたので、このタイミングで2回目の起業をしようと思い、2社目の株式会社リエイトを22歳で設立することになりました。
2社目は絶対に1社目のような失敗はしないと堅く決め、とにかく会社として当たり前のことを当たり前にできる環境を作り、売上・利益を追求しようと思いスタートさせました。

まずは好きなことを事業として行うのではなく、今の私の環境、知識、リソース、全てを考慮した上で一番合理的なビジネスを展開していこうと思い、それがWEBサイトの受託制作事業であったので、それから始めようと思いスタートしました。
もちろんやるからには会社を大きく成長させたいと思っていたのと同時に、とにかく働きやすい環境を作りたいと思っていました。
働いているのはロボットではなく人間なので、人間の特性を理解した上で環境をしっかり作り上げ、働いている社員一人一人が輝ける会社にしたいというような想いを込めて会社を運営していこうと思いました。

ミッション(社会への使命)に対する想い

50年という限られた時間の中で、自分は何をしたいのか。
お金、時間、自由、大切な存在、などある程度、自分の尺度の中では手に入れてきましたが、私は思いました。50年間という時間があるものの、睡眠時間が1日の内三分の一あるとすると、その時点で自由に使える時間は約30年ほどになります。また、決めていたのは毎日家族でご飯を食べるということと、土日祝は休む。これを決めるとおそらく15年しか自由に使える時間がないということです。この15年という時間をどう使いたいのか。私は根っからの飽き性です。良い意味で言うと好奇心旺盛です。15年といっても私にすれば一つのことをするには長い時間です。この時間を飽きずに好奇心を持ってやり続けられるテーマじゃないと途中で飽きてしまったり、やめてしまうかもしれない。それだけは避けないといけない。なぜなら仲間やお客様を裏切ることになるから。なので途中でやめるわけにはいきません。ですので、心から取り組めるテーマで、その上で私だけのためにやっても面白くない。やっぱりたくさんの人に喜んでほしい。同じ想いの人と一緒に何かを成し遂げたい。そういう欲求こそが自分の正直な嘘偽りのない想いなんだと。そこで、私自身見つめ直しました。やっぱり私は事業づくりをしているときが生き甲斐を感じるなと。つまり一つの事業だけをずっとやるのではなく、たくさん事業を創出したい。そして、事業はお客様に喜んでもらい、そのリターンとして対価をいただく。その対価が雇用創出や税としての社会貢献につながると考えています。ということは私がやるべきことは事業を創り続けることだと。これを私一人ではなく、同じ想いを持った仲間と一緒に創っていきたい。そうすることで、関わる全ての人々を幸せにすることができると心から信じています。もう自分に嘘をつきたくない。真正面から理想にぶつかっていき、高い壁を仲間と一緒に乗り越えていきたい。これが私の人生をかけたテーマでありミッションであります。

こういう人材と一緒に戦いたい

リエイトは、まだまだ小規模事業者ではありますので、今後成長していくためには仲間が必要になってきます。その仲間は創業メンバーといっても過言ではないぐらい重要な初期メンバーになります。しんどいことなど多々あると思いますが、仲間と一緒に乗り越え、成長していく過程を楽しめるような人と一緒により良い社会実現のために戦いたいと思っています。
小規模事業者から大企業といわれるような会社にしていきたいので、みなさんのご応募お待ちしています!
最強のチームを作り、持続可能な企業グループを一緒に創りあげていきたいと思います。
そして社員からも社会からも大切な人からも愛されるような最高な会社を作りたいと思います!